離婚調停を有利に導く弁護士の存在

相手が話し合いによる離婚(協議離婚)に応じてくれないときや、離婚の条件面で折り合いがつかないときは、家庭裁判所に夫婦関係調整調停(いわゆる離婚調停)の申立てを行います。

離婚調停は審判官1名と調停委員2名(男女各1名)以上で構成され、調停委員は識見と経験豊富な人が選任されるものですが、聖人君子のような人ばかりではありませんし、調停委員との信頼関係が築けなければ、無理やり法律解釈を捻じ曲げて話をまとめようとすることもあります。そのような場合は離婚問題に強い弁護士にすぐ相談することをお勧めします。

弁護士がつけば、調停委員に対して「この人は本気で問題解決を図ろうとしている」という有利な印象を与えます。調停において、調停委員に良い印象を与えて味方につけることは極めて重要です。また、困ったときはいつでも弁護士のアドバイスが得られるので心強いでしょう。また、調停にはさまざまな書類作成が必要ですのが、弁護士に依頼すれば任せることができます。

Scroll To Top